オレンジと白色の錠剤

性病としてこちらもけして忘れてはいけないのが「トリコモナス」というものです。
トリコモナスはとても小さな虫で、大きさは0.01mm前後となります。
そのため肉眼ではとらえることができません。
イメージとしては、ゾウリムシやアメーバのような大きさの虫となります。

ではそんなトリコモナスは、主にどういう感染ルートで感染してしまうのか?
基本的にはこちらもセックスによって感染していきます。
特にコンドームをつけずにセックスをすると感染率も高く、主に女性に発症する可能性の高いものとなっています。
現在では日本人女性の約5%から10%くらいがトリコモナスに感染しているので、けして遠い存在ではないといえるでしょう。

実際にトリコモナスが発症してしまうと、とにかく異臭といえるような刺激臭に見舞われることになります。
臭いは主におりものから発生していて、ひどい場合は周囲の人もその臭いに気づいてしまうくらいです。
またトリコモナスが感染したかどうかは、おりものの色でも把握することができます。
大体黄色だったり黄緑色だったりすると、高確率でトリコモナスが感染しているといってもいいでしょう。

ちなみに性病であるトリコモナスはもちろん男性にも低確率で発症する可能性があります。
その場合は主に尿道や前立腺といった場所が炎症を起こしますが、女性よりもその症状は弱めです。
ただイメージとしてはクラミジアによる尿道炎くらいだと思っておいてください。

トリコモナスという性病は主に「フラジール」や「チンビスタ」などの薬によって改善することができます。